小暮理事長NHK出演のお知らせ


NPO法人湯治乃邑 理事長 小暮淳 が、NHKに出演いたします。

●放送局  NHK総合テレビ
●番組名  「首都圏情報ネタドリ&群馬スペシャル」
●放送日  2018年6月29日(金) 19:30~19:57
●再放送  2018年6月30日(土) 10:55~11:22








第2回公開パネルディスカッションのご案内


NPO法人湯治乃邑では、今年も公開パネルディスカッションを開催いたします。

昨年に引き続き、=消えゆくぐんまの源泉一軒宿 『湯治場の復活を考える』= をテーマに、貴重な群馬の資産について一緒に考えたいと思います。

今回は、パネラーに温泉業界を代表してみなかみ町観光協会理事長鋪活卓也様、介護施設・高齢者健康事業を代表して株式会社エムダブルエス日高北嶋史誉社長を及びして討論いたします。









小暮理事長 四万温泉大使に任命


平成29年7月2日 午前10時、群馬県中之条町ツインプラザにおいて、NPO法人湯治乃邑理事長小暮淳が四万温泉大使に任命されました。

本日は、中之条町の文化講演会で当法人の小暮理事長が『あなたにも教えたい四万温泉』の題で講演予定でしたが、講演に先立ち、四万温泉協会会長から四万温泉大使の委嘱状が授与されました。



何時もながらの小暮節で軽快に四万温泉についてお話しされ、最後はお決まりの自作自演の『温泉パラダイス』を熱唱いたしておりました。
 









『金銀名湯 伊香保温泉』 出版記念サイン会


昨日、前橋市けやきウォーク紀伊国屋書店において午後2時から3時半までの間当NPO法人湯治乃邑小暮理事長の『金銀名湯 伊香保温泉』 出版記念サイン会が開催されました。



時間と同時に沢山の小暮ファンが集まられ大変盛況でした。



『金銀名湯 伊香保温泉』 は、Amazonで販売しております。
下記画像をクリックいたしますと、販売ページへと移動いたします。
ご興味のある方は訪ねてみてください。








タグ :伊香保




小暮理事長 『金銀名湯 伊香保温泉』 出版記念




『金銀名湯 伊香保温泉』 出版記念

群馬の温泉シリーズ フェア
●会場 紀伊国屋書店前橋店 特設コーナー
●期間 2017年5月27日(土)~6月11日(日)
      10:00~22:00
●6月10日(土) 14:00~15:30 からは著者NPO法人湯治乃邑理事長小暮淳のサイン会を開催いたします。



NPO法人湯治乃邑 事務局




新聞掲載報告


平成28年11月26日に開催致しました公開パネルディスカッションの記事が11月27日に朝日新聞社様で掲載されました。



*掲載しています記事は、朝日新聞社様の掲載許可を頂いております。







活動日程







リーダーズアイ「理事長小暮 淳」







小暮理事長みなかみ温泉大使に任命される !!


平成28年5月28日 午後1時より、群馬県みなかみ町温泉協会において当NPO法人理事長小暮淳がみなかみ温泉大使に任命されました。


みなかみ温泉は、『みなかみ18湯』と言うキャッチコピーがあり、楽天トラベルにもその名で紹介されていますが、それは小暮理事長の著書『みなかみ18湯』上・下巻が始まりで、何と小暮理事長が名付け親なのです。


小暮理事長は、その後45分間に亘り講演されましたが、当法人の活動趣旨も織り込まれみなかみ温泉の今後について熱く語られました。

当法人は、小暮理事長の構想を具現化して『湯治乃邑ぐんま』を発信して参ります。



The Touji in Gunma !


by Ryoh Akaishi




定時理事会の開催報告 (湯端温泉)


NPO法人湯治乃邑の理事会を高崎市吉井町多比良にあります湯端温泉で開催いたしました。
理事長、副理事長の3名で開催いたしましたが、大変有意義に開催出来ました。

湯端温泉は、私たちNPO法人湯治乃邑が目指す湯治場再生の方法が一致した源泉一軒宿です。

『湯端温泉』は一度閉鎖した温泉ですが三代目が新たに平成24年7月に再開致しました。

牛伏山のふもとで自然流出の天然温泉「湯端の湯」を利用しプライベートの時間を大切にして頂く為に『貸切風呂』をで楽しんで頂けます。

男女別の大浴場はなく[ホタルの湯]・[湯端の湯]二つの貸切風呂のみで、ご利用時間は1時間。お電話にてご希望の時間を予約できます。
 
宿泊は、素泊まりで食事は持ち込みです。

火を使う調理は出来ませんが、冷蔵庫と電子レンジがあり、今の時代ならスーパーやコンビニで自由に食材が手に入りますから、本当に湯治乃邑目的の方には都合の良い温泉です。


私たちNPO法人湯治乃邑では、湯端温泉を湯治場再生のモデルと位置づけして支援させて頂くと共に、実際の運営について教えて頂き連携を取って行く予定です。